Menu

オール電化

Home

オール電化の魅力

オール電化の魅力

家の設備を全て電気でまかなうオール電化。
使い勝手がいいのはもちろんですが、ガスを使わない分、水道光熱費の一部をまとめることができるというのも魅力的です。
しかし、オール電化にはまだまだ紹介したい部分があります。
例えば……
・裸火を使わないので安全
・二酸化炭素を排出しないので環境に優しい
・オール電化ならではの割引制度

この3つはオール電化を語る上では外すことができません。
安全かつ環境に優しく、家計の節約にもなる。この三拍子がそろってこそのオール電化と言えましょう。

オール電化って、具体的に何を電化するの?

オール電化って、具体的に何を電化するの?

オール電化と言いますが、どのような部分で電化を行うのかわからないという人もまだまだ多くいます。
例えば給湯器でよく耳にするヒートポンプ。
これは吸気口から大気中の熱を取りこみ、圧縮することで大気を高熱にする機構が取られています。
高熱化した大気とタンクに溜められた水を、水熱交換機によってお湯に造り替える。
ガス給湯と違い、火を使わず、エネルギーも少ないため環境に優しい給湯器となっています。

家の設備を電化するだけで、家計と自然に優しい生活ができます。
近年の電気代値上がりの余波を受けて敬遠されやすいオール電化ですが、得られる節約効果は価格以上のものと感じます。

オール電化のメリット

安全性

オール電化のメリット、それは『安全でやさしくてお得』です。
調理や給湯にはガスを使うのが現在の主流ですが、ガスは裸火を使う関係上火災が起こるリスクもあり、いざというときの安全機構はガス栓に依存します。一方でオール電化の場合はIHヒーターを使いますが、もし吹きこぼれた場合でも自動的に電源がオフになる安全装置が設けられています。
他にも過熱防止や空だき防止機能、チャイルドロックなど事故が起きにくい設計は、お子さまを持つ家庭においてはぜひおすすめしたいヒーターと言えます。

制度

問題の価格面ですが、こちらも制度によってある程度安くできます。
例えばエコキュートの場合、導入時には補助金としておよそ40,000円支給されます。
微々たるものではありますが、導入時の負担を軽くするという意味合いでは重宝するでしょう。